• HOME>
  • レシピ>
  • 冷凍レモンは万能調味料

冷凍レモンは万能調味料

recipe 料理のこと

冷凍レモンというと居酒屋のドリンクメニューにある氷の代わりに凍らせたレモンを使った、薄まらないレモンサワーを想像しそうですが、我が家で冷凍レモンといえば常備している調味料のこと。

冷凍レモンは、必要な量だけすりおろし器ですりおろして使うので、使い切れなかった市販のレモン果汁のように無駄にすることもありません。また、丸ごと冷凍するので、栄養価の高い皮も簡単に調理に使えます。

冷凍レモンは万能調味料
丸ごと冷凍することで、栄養価の高い皮も手軽に調理できます

冷凍レモンの作り方

作り方はとっても簡単。レモンをよく洗い水気をふき取ったら半分に切ります。ひとつひとつラップに包んであとは冷凍庫へ。ラップの包みが取れてしまい、レモンが冷凍庫の中で剥き出しに!なんてことがあるので、ジップロックなどの袋に入れておくと安心です。

あとはレモンが凍れば冷凍レモンのできあがり。

半分にカットしたレモン
レモンを半分にカットしてひとつひとつラップに包みます

冷凍レモンの使い方

凍ったレモンをすりおろし器で、使いたい分量をすりおろすだけ。途中、タネが出てきますのでつまようじなど先の尖ったもので取り除いてください。半分に切った切り口からすりおろすと、レモンをきちんと押さえることができるので危なくありません。

シャーベット状のレモン
すりおろしたレモンはシャーベット状

冷凍レモンを使ったレシピ

手作りジャム作りに

チキンの玉ねぎのレモン煮「なんちゃってヤッサ(セネガル料理)」

すごいんだぞレモン

薬味や香りづけくらいに思われるレモンですがとんでもない。かなり万能なので知ってて損はしないと思う代表的な効果をここで紹介したいと思います。

お肉を柔らかくする

レモンにはたんぱく質分解酵素が含まれているので、お肉をレモン汁に漬け込むと柔らかくなります。

臭みを消す

レモンに含まれるリモネンは肉や魚の臭みを消す効果があります。臭みを包み込む効果をマスキング効果と言います。

減塩にひと役

食材の塩気を強調させる効果があるため、少ない塩でもしっかりとした味わいがあります

生レモンを使うときのワンポイント

生で使うときにレモンの香りを高めるには、水洗いする前に塩揉みをしましょう。塩でもむことで皮の表面の余分な水分が出ます。

執筆者:tata

関連記事

レシピ」カテゴリの人気記事

    ぬか床の水分管理とうま味増加に。だし昆布のぬか漬け

    だし昆布のぬか漬け

    昆布のぬか漬けは、だしを取る前・取った後どちらでも作ることができます。だし昆布は、ぬか床の水分管理やうま味を加...

    切り干し大根のおにぎり。コリコリとした歯ごたえとぬか漬けの香りが癖になる味

    切り干し大根のぬか漬けおにぎり

    切り干し大根は、100円ショップなどで購入できるお茶パックに切り干し大根を詰めて漬けます。この時、詰めすぎると...

    焼きオクラ

    食べ応えのあるオクラ ダビデの星

    スーパーの野菜売り場にある「農家さんの直売所」コーナーにあったオクラ。よく見かけるオクラよりも明るい若草色で、...

他カテゴリの人気記事