何度も読み返しては、つど胸がぎゅうとなる本「わたしのげぼく」

daytoday

本屋で「わたしのげぼく」の表紙を見たとき、うちの猫に似てる、でした。
主人公の、かっこよくて、かしこくて、すばやいのがじまん。そしてしんがいではあるが、カワイイねこの「わたし」さんは、立派なはちわれ猫ですが、吊り上がった目の感じや雰囲気がうちの猫「ボナ」に見えるのでした。もしかしたらこれは、猫飼いさんあるあるで、うちの子に似てるって思った方は多いかも。

わたしのげぼく

手にとってパラパラ。
「わたし」さんの物言いは手厳しく、小さな「げぼく」にも手加減しない日常の話に、ついついページが進みます。なんとなく手に取る前にわかっていることですが、「わたし」さんも成長します。そこからは、3年前に空へ向かった「ふじ」と重なり、胸が詰まるのでした。猫にかぎらず、共に暮らした相棒がいた方は、同じような思いが込み上げてくるでしょう。

わたしの「ふじ」さんと信頼関係が築けていたかな。そして「ボナ」さんと信頼関係を築けていけるかな。そんな気持ちになります。
「げぼく」と思われてても構わないので、一緒に過ごせる時間を大切にしたいなと。

執筆者:tata

関連記事

本のこと」カテゴリの人気記事

まだデータがありません。

他カテゴリの人気記事